マックンのピックアップ

アクセスカウンタ

zoom RSS 米株市場、年内利上げなら銀行株上昇も!

<<   作成日時 : 2016/08/27 13:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

米連邦準備制度理事会(FRB)が年内に利上げすれば、銀行株は上昇する可能性が高い。つまり、昨年12月の利上げ時とは対照的な動きとなるだろうということです。

 12月にFRBが利上げへと踏み切った際、銀行株は大方の予想に反し下落しました。この利上げは、圧縮されていた融資利ザヤの万能薬にはならなかったのです。今年初頭、世界経済見通しが悪化したことも銀行株の足かせとなりました。S&P500種指数は年初から6.4%上昇しているのに、KBWナスダック銀行株指数は3.9%安の水準にとどまっています。

 バーンスタインのアナリスト、ジョン・マクドナルドは、その理由の一部は利上げ前に織り込まれていた銀行株の上昇期待と関係があるかもしれないと指摘しています。昨年末の利上げ発表前後ですら、そうした期待は崩れる兆候はありました。同氏が25日発表したリポートによると、利上げ発表の前日、S&P500の銀行株のパフォーマンスはS&P500種指数を2ポイント上回っていたのですが、利上げ発表当日はこれを1.5ポイント下回わりました。

 それから8カ月を経た現在、トレーダーは年内利上げの確率をほぼ五分五分とみており、一部のエコノミストは、イエレン議長が26日にジャクソンホール会合の演説で利上げ時期について何らかのシグナルを送り始めると予想しています。アトランティック・トラスト・プライベート・ウェルス・マネジメントの投資責任者、デビット・ドナビーディアン氏は「銀行は正直なところより高い金利構造を望んでいると思う」と述べました。

 しかし、今だから分かることですが、投資家は銀行株についてそれほど大きな上昇を織り込んではいなかったのです。マクドナルド氏は、銀行の株価は収益の低下見通しもあってより低下していましたが、全体の株価がより割高となる中、魅力を増しているように思えると指摘しています。

 利上げペースについては依然として、緩やかなものとなると予想されているため、予想外にこれが速まるとの示唆が少しでも見られれば、銀行株の上昇は勢いを増す可能性があります。昨年12月と現在ではもう一つ違いがあります。現在、原油価格は落ち着いている兆しがあり、投資家は銀行のエネルギー関連エクスポージャ―について以前ほど懸念していないことえす。

 ただ、マクドナルド氏は、一回の利上げだけで融資利ザヤについて見通しが一変するわけではないとみています。銀行株の反発が持続するには、多くの投資家にとって、「銀行融資の利ザヤ拡大が継続するとの見立てで銀行株を買うため、一貫した利上げサイクルに入りつつあるという何らかのシグナル」が必要となるだろうと指摘しました。(ソースWSJ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米株市場、年内利上げなら銀行株上昇も! マックンのピックアップ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる