マックンのピックアップ

アクセスカウンタ

zoom RSS AI企業買収、インテルとアップルの参戦で加速!

<<   作成日時 : 2016/08/15 22:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ハイテク大手は人工知能(AI)分野の新興企業を競うように次々と買収しています。この流れに最近加わったのがインテルです。

 インテルは9日、ナーバナ・システムズを買収する計画を発表しました。ナーバナは従業員48人の企業で、ディープラーニング(深層学習)と呼ばれるAI技術を活用すべく、半導体やソフトウエア、およびサービスの開発に取り組んでいます。インテルは買収提案金額は明らかにしていません。

 先週5日には、アップルがシアトルに本拠を置くAI関連企業、トゥリを買収するとの発表があったばかりです。ベンチャー投資を追跡する調査会社CBインサイツの集計によると、大手企業によるAI関連の新興企業買収は2011年以降31件ありました。今回のインテル、アップルによる2件の買収はそれに続くものです。CBインサイツによれば、これまでの買い手リストには、アルファベット傘下のグーグル、ツイッター、ヤフー、IBM、セールスフォース・ドット・コムなどが名を連ねています。

昨年実績を超える勢い

 コンサルティング大手プライスウォーターハウスクーパース(PwC)は、より小規模な買い手企業を含めると、年初来のAI関連の買収は29件に上ると指摘。16年通年では昨年実績の37件を超えるとみています。

 業界幹部らは相次ぐ買収の背景について、AIの応用が急速に拡大している点を指摘しています。AIに対する関心は1980年代に高まり始め、その後勢いがなくなっていましたが、近年また盛り返しています。「機械学習(マシンラーニング)」の分野、とりわけディープラーニングという領域で突破口が開かれたことが理由です。

 例えば、機械に人間の顔を認識させたい場合、従来はそれを機械に明示的にプログラミングする必要がありました。しかし、ディープラーニングでは、コンピューター自身が膨大な顔の画像データを分析することによって学習し、タスクを実行することが可能です。

各業界を次から次に変貌

 例えば、アップルは音声アシスタント機能「Siri(シリ)」に発せられた音声をディープラーニングの技術を使って分析しています。このほか、クレジットカード詐欺を検出する、医療画像を判読する、作物の成育具合を調べる、ドローン(無人機)や自動運転車の運転を可能にするといった分野でもAIは応用されています。

 ディープラーニング分野の先駆者であるアンドリュー・ウン氏は、「AIは各業界を次から次へと変貌させつつある」と話しています。同氏は中国の検索エンジン大手、百度(バイドゥー)のチーフサイエンティストであり、スタンフォード大学の准教授も務めています。

 一連のAI企業買収では、全体的な金額も個々の案件の金額も知ることは困難です。なぜなら、ハイテク大手は、公表を迫られるほど新興企業の市場価値が大きくなる前に当該企業を買収してしまうからです。

求めるのは製品より頭脳

 ウン氏によると、買収する側が求めているのは技術よりも人材の方です。AI製品自体はすぐに陳腐化してしまうからです。

 前出のCBインサイツによれば、AI企業の買収件数ではグーグルが9件と他社を上回ってトップです。グーグルは2013年にDNNリサーチを買収してAIの研究者たちを取り込みました。DNNリサーチは影響力のあるAI研究者、トロント大学のジェフリー・ヒントン氏が率いていました。

 グーグルは翌14年にはディープマインド・テクノロジーズを買収。同社はロンドンを拠点とする新興企業で、ケンブリッジ大学の卒業生らが設立したものです。一部報道によれば、買収金額は4億ドル(約400億円)を超えたといいます。ディープマインドのチームはAIソフトウエア「アルファ碁」を開発し、韓国の世界的な囲碁棋士を破ったとして今年話題になりました。

 昨今のAIブームを引き起こすきっかけの1つは、アップルによる2010年のシリ買収でした。アップルは今回、トゥリの買収で同社を率いるカルロス・ゲストリンCEOの専門知識を手に入れます。ゲストリン氏はアマゾン・ドット・コムの寄付でワシントン大学に設けられた機械学習の教授職ポストに就いています。(ソースWSJ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
AI企業買収、インテルとアップルの参戦で加速! マックンのピックアップ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる