マックンのピックアップ

アクセスカウンタ

zoom RSS ブレグジットが英経済の追い風になる理由!

<<   作成日時 : 2016/07/02 18:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)のパニックはすでに過ぎた。ではブレグジットによる景気拡大が進んでいることはあり得るのでしょうか。

 英国が国民投票でEU離脱を決めたことに世界の金融市場が不意を突かれ、当初はリスク資産が売られる一方、安全資産が買われました。後者には皮肉にも英国債が含まれていました。

 しかし、国民投票の結果判明からわずか2営業日後の28日には、英国株が下げを戻し始めました。不動産や銀行など、ブレグジット後の低迷が痛手になるとみられる銘柄でさえ、28日と29日には上昇したのです。

 悲観的なエコノミストの予想ほど売りが長期化せず極端でない理由の一端は、非常に恐れられている「不確実性」が英国経済の足手まといにならないかもしれないことにあります。実際には、企業投資や消費者信頼感、経済成長を後押しするという逆の効果をもたらす可能性もあるにです。

 ただ、これは間違いなく現段階で市場ウォッチャーの大多数が抱いている考えではありません。EU外の世界市場へのアクセスを巡る不確実性を背景に、企業や消費者の景気期待が冷え込み、英国経済は近く減速、あるいは縮小するとさえ予想する向きは多いのです。

 ブレグジットで英国経済が直ちに変化することはない、ということは覚えておくべきです。数年間はEUにとどまる可能性が高く、その間は引き続き欧州市場へのアクセスを享受するでしょう。英国政府の借り入れコストは上昇するという大方の予想にもかかわらず、英国債利回りは投票以降低下しています。他の条件が同じであれば、金利の低下は景気刺激になるはずです。

 ただ、経済は不確実性そのものに足を引っ張られると考える人は多いものです。この考えは、ベン・バーナンキ氏が大学院生時代の1975年に書いた論文で提唱されています。若かりし日のバーナンキ氏は、企業は不確実性に直面すると、さらなる情報が得られるまで投資や雇用を見送る傾向があるという主張を展開しました。それ以降、不確実性と投資にマイナスの関係があることが大規模な経済調査で裏付けられているのです。

 ただ、極めて競争の激しい環境では、不確実性が投資や経済生産を促す証拠も存在します。競争の厳しい業界や国の企業は、待つことで投資や雇用の機会がライバルに奪われる恐れがあるため、さらなる情報を待つ余裕などないのが常です。こうした景気拡大につながる不確実性がさまざまな市場に見られることが、最近の複数の研究論文で明らかになっています。

 ロンドン・ビジネス・スクールで金融学博士課程を修了予定のラジャ・パトナイク氏は論文で、予測不可能なエルニーニョ期の天候に米企業がどう対応したか調査しました。その結果、極めて競争の激しい業界の企業は平均的に、不確実性が高まると支出を増やすことが判明したのです。これが特に当てはまるのは、経営上の柔軟性が高い企業、つまり需要の急減時に人員削減できる企業と、労働集約型の企業です。

 気象予報士の予報が食い違う場面を想像してみて欲しいのです。お住まいの街は猛吹雪に見舞われるという予報士もいれば、吹雪は北方へ移動するという予報士もいます。除雪用シャベルを販売する店を営んでいるとしたら選択肢は二つ、すぐに商品の追加発注をかけるか、予報がもっとはっきりするまで待つかです。その店が街で唯一のシャベル販売店なら待つ余裕があります。しかし、他にも販売店が複数ある場合、ぐずぐずしていれば需要急増のタイミングで仕入れするという憂き目に遭うため、すぐに仕入れる動機が生まれます。これが景気拡大につながる不確実性の作用です。

 これについて調査したパトナイク氏などの研究者によると、バーナンキ氏が発見した類の影響は、競争が極めて少ない一極集中型の業界に限られるといいます。そうした業界では、不確実性に直面すると研究開発や広告、雇用の支出が減少しますが、競争の激しい業界に不確実性は影響しないのです。

 英国経済は総じて、特に労働市場の柔軟性がはるかに低い欧州諸国と比べると、極めて競争の厳しい場所です。政府調査によると、建設からコンピューターサイエンスに至る多数の業界は競争が激しく、大手の独占状態ではありません。競争環境における不確実性の調査から見えてくるのは、多くの企業がブレグジット後を見据えて様子見に徹するよりも、EU離脱後に生じるとみられる機会に乗じようと投資や雇用を増やす可能性が高いということです。

 この例外の一つが銀行部門です。英国の銀行部門は集中型で、寡占状態と呼ばれることも多い。国際競争でいくらか中和されるでしょうが、欧州の銀行の多くも苦戦しているため、その影響は限定的かもしれません。従って、不確実性に直面した英国の銀行は、バーナンキ氏が指摘したように危険に備える可能性が極めて高いのです。ロンドン市民の多くがブレグジットに反対したのもうなずけます。

 確かに、不確実性は現代の合言葉となっています。しかし、英国経済の競争力のおかげで、それは悲観論者の予想をはるかに上回る経済成長をもたらす可能性があるのです。(ソースWSJ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブレグジットが英経済の追い風になる理由! マックンのピックアップ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる