マックンのピックアップ

アクセスカウンタ

zoom RSS FRBの利上げ、株式や債券市場は乗り切れるか!

<<   作成日時 : 2016/05/24 17:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

米国の株式市場と債券市場は、連邦準備制度理事会(FRB)による次の利上げを混乱に陥ることなく吸収する構えだ、と資金運用担当者らはみています。昨年12月にFRBが利上げして以来の景気動向と投資家の備えを映し出しています。

 6月14・15日の連邦公開市場委員会(FOMC)でフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を引き上げる可能性を投資家は過小評価していると、FRB当局者らが繰り返し警告を発し、先週はまた市場が動揺する懸念が高まりました。4月26・27日分のFOMC議事録で経済成長が続けば6月にも利上げが可能との見解が示され、指標銘柄の10年物米国債利回りは18日、1日としては今年最大の上昇(価格は下落)を記録しました。

 それでも運用担当者らの多くは、市場が混乱する公算は小さいだろうとみています。ドル相場と原油相場がいずれも、昨年までよりもはるかに安心できる状態にあることが一因だと言います。

 ドルの通貨バスケットに対する水準を示すウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)のドル指数は、過去2年間にわたり大幅に上昇しましたが、今年は2.9%下がっています。これにより、大手米企業の収益やドル建てで資金を借り入れている多くの新興諸国の財政に対する圧力が和らいでいます。原油相場は、供給が途絶する中で今年の安値から82%反発し、米国のエネルギー生産者に対する圧力が緩み、原油相場急落によるさらなる悪影響は抑えられそうです。

 今年初めの6週間にみられた株式と債券の相場急落は、米国がリセッション(景気後退)に陥るとの懸念に原因の多くがありました。ところが、工業生産や住宅販売、個人消費など米経済の健全性に関するいくつもの指標はこのところ、勢いを増す様子をみせています。賃金は、低調な伸びが長期間続いたのですが上向きました。一方インフレは全般に弱くみえ、FRBの利上げ余地は段階的なものにとどまる可能性が高いとみられています。

 運用会社セージ・アドバイザリー・サービシズの共同創始者兼運用担当者、マーク・マックイーン氏は「ごく数少ない高質の資産を世界中の大量な資金が追い求めている」と指摘し、FF金利を0.25%引き上げてもこの動向は変わらない公算が大きく、自身はFRBが利上げしたならば米国債を買うと述べています。

 一方、JPモルガン・アセット・マネジメントのグローバルストラテジスト、ベン・マンデル氏は、米企業の1-3月期決算は悪かったのですが、「大底をつけた可能性が高い」と言います。同氏は、米国株は年末までに年率1桁半ばの投資成績を残すことが可能だとみています。

 米国債の大幅な価格下落も投資家はあまり心配していません。欧州と日本の中央銀行は景気刺激策として政策金利をマイナス水準に押し下げました。このため外国の投資家にとって米国債への投資妙味がさらに増しました。FRBの政策に通常最も敏感な短期米国債が売られても、外国投資家からの需要が長期債の価格を安定的に維持するとみられています。

 米社債市場も1月以降、回復の兆しをみせています。リスクが高く借入比率の高い企業であっても、ここ数カ月で起債が上向いていおり、年初は、市場が混乱する中で投資家の警戒感から社債発行はほぼ休止していましたが、先週はパソコン大手デルが過去4番目の大型起債となる200億ドルの社債を発行するなど、比較的格付けの低い企業にも市場がまた資金調達の場を提供し始めました。

 米商品先物取引委員会(CTFC)が20日に発表した建玉統計によると、先物市場の一角では投資家がさらに楽観的姿勢を示しました。5月17日時点の建玉状況では、原油と長期米国債に対する投機筋の強気な持ち高が増える一方、弱気な持ち高は減少しました。

 投資家はここ数日で金利見通しを大幅に再調整。シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループによると、FRBが6月に利上げする確率は20日時点で26.3%となっています。1週間前は、金利先物が織り込む確率はわずか4%でした。

 アトランティック・トラスト・プライベート・ウェルス・マネジメントの最高投資責任者(CIO)、デビッド・ドナベディアン氏は、FRBの利上げで相場が下落しても、多くの投資家が押し目を拾う機会を提供することになるだろうとみています。「FRBが6月か7月ないしその後に利上げするかどうかに関係なく、FRBの金利政策正常化は極めてゆっくりしたペースだということが重要なポイントです。これは株式を弱気相場に追いやるようなことではない」と語りました。(ソースWSJ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FRBの利上げ、株式や債券市場は乗り切れるか! マックンのピックアップ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる