マックンのピックアップ

アクセスカウンタ

zoom RSS 1日500ページ読む金融アドバイザー、日本に強気!

<<   作成日時 : 2015/10/14 09:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

パメラ・ローズノー氏は情報収集に余念がありません。1日に読みこなす調査レポートは500ページを超え、その中から投資の指針となるトレンドを探し出す。ロサンゼルスのオフィスの窓際に置いてある快適なソファはお気に入りの場所なのだそうだ。

 この努力は成果に表れていて、同氏は、本誌が選ぶ女性フィナンシャルアドバイザー・トップ100の13位にランクされています。2001年と2008年の市場急落を回避し、コア戦略とする大型株戦略の2000年から今年6月までの累計リターンは120%に達します。同期間のS&P500指数の累計リターンは89%です。

 ローズノー氏はハイタワー・アドバイザーズに登録している独立系アドバイザーで、最近では、高齢化で需要が高まるとしてヘルスケアセクターを選好しています。また、フルタイム雇用の増加と賃金上昇を理由に、一般消費財セクターにも強気です。

 同氏は2010年に、配当利回りが平均を上回る銘柄を中心とした、インカム・グロース戦略を打ち出しました。金利はもうしばらく低水準が続き、そのため特に退職者などは増配している銘柄に集中するだろうという信念に基づいているのです。結果はどうかというと、これまでの年率リターンは15%です。

 フィラデルフィア出身、サラ・ローレンス大学で数学を専攻し、エモリー大学で経営学修士号(MBA)を取得した後、1984年に投資の世界に足を踏み入れました。2010年、当時UBSにいた同氏の投資眼がハイタワーの目に留まり、同社の勧めで独立し、同社の株式市場ストラテジストとなりました。現在はチームで225人の個人投資家を顧客に持ち、10億ドル強の資産を運用しています。投資先のほとんどが株式で、債券は利回りが極めて低く、上昇よりも下落リスクの方が高いと同氏は考えています。

 最近の注目は日本です。長く続いた弱気相場が終わりつつあり、「数十年来の」強気相場が来ると同氏はみる。「現在の日本は1980年代初頭の米国と似ている」と同氏は言います。金融改革、財政改革、構造改革の全ての方向が正しく、人口動態にも改善の兆候が表れている。ここ数年、人口の減少が経済に長期的な逆風になると考えられていました。ところが、この12カ月を見ると、東京に暮らす15歳未満の子供の数は1万4000人増加しています。ローズノー氏は、これこそまさに実体経済の回復に伴う復活の兆しであると捉えています。「人口の増加は、企業があり、賃金が伸びている地域から始まる」と同氏は述べています。

 ローズノー氏の日本推奨を後押しするのは、安倍首相が掲げる成長戦略です。同首相は日本の経済と市場の復活を目指して大規模な量的緩和策を打ち出し、法人税減税を約束しました。長期的視点で最も重要なのは、動きの鈍い日本特有のビジネス文化を大きく揺るがす構造改革の推進でしょう。「日本企業はこれまで、自分のことばかり考えた経営を行ってきた。それが株主のことを考える経営に変わり始めている」とローズノー氏は言います。

 同氏の日本への投資手法はシンプルで、上場投資信託(ETF)のiシェアーズMSCIジャパン(EWJ)を10年間保有しています。同ETFに組み入れられている315銘柄は日本の株式市場の時価総額の85%を占め、ほとんどがJPX日経インデックス400の構成銘柄です。同指数は、独立した社外取締役の存在、増配、株主資本利益率(ROE)の上昇など、発展的な企業統治を実践している企業が選定されています。

 日本企業のROEが米国企業のROEと同程度になれば、投資家は莫大(ばくだい)なリターンが見込める、とローズノー氏は指摘します。日本企業のROEが現在の平均8%前後から米国企業の平均の15%に上昇した場合、超過収益は向こう数年間で30%以上の増加が見込まれるといいます。

 日経平均株価は現在の1万8400円前後から、数年以内に1989年に付けた史上最高値を回復し、4万円に近づくと同氏はみています。ローズノー氏は、日本市場と同様に自身の投資能力にも自信満々です。(ソースWSJ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1日500ページ読む金融アドバイザー、日本に強気! マックンのピックアップ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる