マックンのピックアップ

アクセスカウンタ

zoom RSS 最新版、「世界で最も生活費の高い都市」 生活費世界一のチューリヒ!

<<   作成日時 : 2015/09/30 19:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

スイス・チューリヒの小学校教諭の給料は年11万ドル前後(約1300万円)。これはギリシャ・アテネの小学校教諭の6倍です。パリで働くフランス人の就業時間は香港より毎日4時間少なく、ノルウェーのオスロで3マイル(約5キロ)タクシーに乗ると運賃は32ドルになり、これはニューヨークの3倍近くに相当します。

  スイスの金融大手UBSが17日に発表した「価格と所得に関する調査」最新版によると、世界で最も生活費の高い都市はチューリヒ、ジュネーブ、ニューヨークとなりました。調査は世界71都市を対象とし、3人家族の毎月の消費額に基づいて行われました。

 仮に家賃が項目に組み込まれていれば、ニューヨークが断トツで生活費の高い都市になったことでしょう。ニューヨークで家具付き2部屋のアパートの賃貸料は平均で月4620ドル。最も生活費が安い都市になったブルガリアの首都ソフィアで同じような間取りのアパートの賃貸料は、ひと月わずか270ドルです。

 一方、給料が最も高いのもスイスと米国です。チューリヒやジュネーブで働く人はインドネシアのジャカルタやウクライナのキエフで働く人に比べ、税引き後で20倍も稼いでいます。物価調整後でさえも、スイス人は10倍稼いでいるのです。

 これが意味するのは、チューリヒやニューヨークの平均的な市民は3日分の稼ぎがあれば「iPhone(アイフォーン)6」が買えるうえ、おつりもくるということです。一方、キエフの平均的な市民は13週間働かなければアイフォーン6を買うことができません。ケニアのナイロビではマクドナルドのビッグマックを買うのに3時間近い労働が要求され、香港ではわずか9分働けばビッグマックにありつけるのです。

 地中海のキプロスは驚くほど給料が高いそうです。最大100億ユーロ(現在のレートで約1兆4000億円)の金融支援という結果に至った銀行危機から2年が過ぎ、首都ニコシアの住民は71都市中6番目に高い時給(実質賃金)を得ています。オーストリアのウィーンより高く、ロサンゼルスをわずかに下回る程度です。

 税率の高さではコペンハーゲンの専門職が給料の45%前後を所得税として収めているのが最も高く、一方、ドーハなど湾岸都市やドバイなどでは所得税は払う必要がありません。

 その他の興味深い事実としては、ルクセンブルクのバス運転手は年収8万5000ドル以上を稼いでいますが、ロンドンのバス運転手の年収は3万7000ドル。オスロで散髪するとジャカルタの20倍かかります。キエフで1キロの肉の価格は約2.60ドルですが、これはチューリヒとジュネーブの10分の1です。上海では有給休暇は年7日しかありませんが、バーレーンの首都マナーマでは34日もあります。(ソース WSJ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最新版、「世界で最も生活費の高い都市」 生活費世界一のチューリヒ! マックンのピックアップ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる