マックンのピックアップ

アクセスカウンタ

zoom RSS 米利上げ特集!

<<   作成日時 : 2015/09/17 15:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 世界的な金融市場の動揺が続くなか、米連邦準備制度理事会(FRB)が9年ぶりに利上げに踏み切るかどうかが注目されています。

・今週のFOMC、5つの注目点 (9月17日)

 ちなみにFOMCとは、アメリカの中央銀行ともいうべきFRB(連邦準備制度理事会)の理事7名や地区ごとの連邦準備銀行総裁5名で構成されており、アメリカの金融政策を決定する最高意思決定機関です。米利上げはあるのか、ないのか。民間エコノミストの半数近くが、FRBは今回の会合で約10年ぶりの利上げに踏み切ると予想しています。とは言え、利上げで見方割れており日本時間18日未明(日本時間午前3時)に声明発表します。
1. 利上げ実施か見送りか、それとも折衷案か
2. 年内の利上げは1回限りか
3. 利上げは緩やかなペースで
4. 長期見通し
5. 全会一致崩れるか

・米利上げ、実施なら自動車業界にブレーキか (9月17日)

 米国の自動車業界ほど、連邦準備制度理事会(FRB)のゼロ金利政策の功罪がはっきりと表れている業界はない。また、7年間に及ぶ超低金利時代を終えるかどうかのFRBの判断にこれほど大きく左右される業界も他に見当たりません。

・過去の米金融引き締め局面、株価の動きは (9月16日)

 歴史的に見れば、株価は利上げ前後には大きく変動するものの、金融引き締め期や最初の利上げから1年後は多くの場合、好調に推移していることが多い。

・市場に影響した過去5回のFRB会合を振り返る (9月16日)

 緩和策終了となれば、今週のFOMCはFRB史上最も重要な会合の一つとなる可能性がある。

・米利上げ、市場が送る「待て」の合図 (9月16日)

 FRBは、株式市場に何ら義務を負ってはいない。FRBの責務は、雇用や生産、物価などの実体経済にあります。しかし、市場は時折、FRBに対して実体経済に関する重要なシグナルを送ります。今回がそのケースかもしれません。

・米利上げ、実施でも銀行株に下落の恐れ (9月16日)

 市場は、米連邦準備制度理事会(FRB)が今週利上げするかどうかにくぎ付けです。しかし、銀行にとってそれよりはるかに重要なのは、FRBが発表する来年末時点の金利見通しの方かもしれません。

・米利上げ、製造業が妨げとなる恐れ (9月15日)

足元の米経済はかなりしっかりした基盤の上にある。しかし、改善の余地がかなりある経済部門の一つが製造業です。FRBが15日に公表する8月の鉱工業生産統計は、そのことをはっきりさせるでしょう。

・FRBの政策判断、世界中に影響波及 (9月15日)

 16・17日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、過去の政策判断をめぐりさまざまな議論が展開されてきました。厳しい判断を迫られている政策担当者らにとって前例が指針になればという意図もあるでしょう。

・ゴールドマンが選ぶFRB利上げ後の優良銘柄トップ10 (9月15日)

 ゴールドマン・サックス・グループは、今週開かれる米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に、連邦準備制度理事会(FRB)が利上げに踏み切った場合に好成績が見込める独自の優良銘柄リストを投資家に公表しました。(ソースWSJ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米利上げ特集! マックンのピックアップ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる