マックンのピックアップ

アクセスカウンタ

zoom RSS FRB、シグナルなしは「現状維持」示唆か!

<<   作成日時 : 2015/09/10 09:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

米連邦準備制度理事会(FRB)関係者らは9月16日・17日の連邦公開市場委員会(FOMC)を目前に控え、数日後に利上げするようなそぶりは一切見せまいと必死になっています。そのため、読者は同会合で利上げがあるのか頭を悩ませる必要がありそうです。

 これは筆者が4日にサンフランシスコ地区連銀のウィリアムズ総裁のインタビュー取材を行い、同総裁と数時間過ごした後に感じた疑問の一つです。ウィリアムズ総裁は今年初め、米経済は完全雇用に近づきつつあり、利上げに対する備えができているとの見方をはっきり示しました。

今回は慎重を期して、プラス面とマイナス面を示す経済学者の役を演じました。現時点での利上げを正当化する論拠と否定する論拠を明示しつつ、どちらか一方に反論することは避けました。

 FRB関係者はこれまで、新たな政策措置を講じる場合はそれを事前にほのめかすことで投資家が万全に備えられるようしてきました。現在はひたすら、いかなる選択肢も排除しない構えを見せています。

この結果、投資家は今回利上げはないと予想しています。トレーダーがFRBの政策を予想した取引を行うフェデラルファンド(FF)金利先物市場では、4日時点で9月の利上げ確率が28%織り込まれました。ウィリアムズ総裁の発言を受けて、これがどう上昇していくかは予想しづらいところです。

 米金融業界では、シグナルを何も発しないという行為は、それ自体が何も行動しないことを示唆しているとの結論に至りつつあります。(ソースWSJ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FRB、シグナルなしは「現状維持」示唆か! マックンのピックアップ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる