マックンのピックアップ

アクセスカウンタ

zoom RSS 犬は人が思っているよりもずっと”人間らしい”!

<<   作成日時 : 2015/07/28 10:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

犬を飼っている人なら驚かないかもしれませんが、人類最高の友人である犬は、人っぽい行動をとることが多いことが、研究によって明らかになってきています。

 これまでの研究により、犬は表情を読み、嫉妬を伝え、同情を表現し、テレビを見られることがわかっているのです。専門家によると、彼らが人間みたいなこれらの特技を身につけたのは、オオカミから家庭用ペットへと進化を遂げた、1万1000年前から1万6000年前の間のことなのだそうです。

 米エール大学比較認知科学研究所のローリー・サントス所長は、とりわけ、犬が「人に注意を払い、人と良好な関係を築き、人に寛大である」ことが、まるで人間にそっくりな特徴に結びついたと言います。

 いい人と悪い人を見分ける手段である人間観察は、人間どうしの交流における重要な役割を果たしています。8月に『Animal Behaviour』に発表された論文によると、犬も同じように人間観察をしているようです。

 人間、チンパンジー、ヤギ、イルカ、アカアシガメなど、多くの動物にとって、視線を追うのは本能です。オーストリアのウィーンにあるメッセーリ研究所のリサ・ワリス氏によると、その理由は、目前の脅威から「おいしいベリーのありか」まで、あらゆることへの注意を喚起できるからです。

 これまで、犬が人の視線を追うのは、エサかおもちゃが関係するときだけだと考えられてきました。ところが、新たな研究により、何もない空間への視線でも追うことが示されました。ただし、訓練を受けていない場合に限ります。同研究を発表したワリス氏は、「彼らにはそれができるはずということは、以前からわかっていました。ただ、訓練は盲点でした」と述べています。

 ワリス氏らが行った最新の実験は、訓練レベルと年齢が異なる145匹のボーダーコリーを対象に行われました。目的は、年齢、習慣、訓練が、犬の視線追尾に与える影響を知るためです。

 ワリス氏は、自分がドアを見たときの犬の反応を調査しました。すると、なんと訓練を受けていないボーダーコリーのみが、彼女の視線を追ったのです。訓練を受けた犬は、それを無視しました。訓練を受けた犬は、人の視線の先ではなく、顔に注目することを学んでいるからかもしれないのです。訓練を受けていない犬に対し、ワリス氏の顔を見るように5分間訓練したところ、視線を追うという本能を無視するようになったのです。

 さらに驚くことに、訓練を受けていない犬は、困惑した様子で、ワリス氏の顔とドアを交互に見ていたといいます。この行動は、それまで人間とチンパンジーでしか観測されたことがなかった、「チェックバック」(いわゆる「二度見」)と呼ばれるものです。「今後この種の研究をするにあたって、訓練の影響を考慮に入れなければならないことを学びました」とワリス氏は言います。

今後の研究として、人間の場合、加齢により短期記憶と論理的推測の低下が速まり、新しいタスクの学習が困難になります。過去の研究から、犬にも同様の傾向があることが示されているのです。しかし、犬の長期記憶についてはまだわかっていないことが多いのです。

 そこでワリス氏らは現在、若い犬と高齢の犬によるタスクの学習過程の違いと、数カ月後の記憶状態を研究しています。まだ実験途中ですだが、ワリス氏は、高齢の犬に新しい技を教えるのは困難である(が、不可能ではない)という結果を予測しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
犬は人が思っているよりもずっと”人間らしい”! マックンのピックアップ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる