マックンのピックアップ

アクセスカウンタ

zoom RSS あなたは浮気しやすい? 不倫のリスク要因とは!

<<   作成日時 : 2015/01/30 17:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近の研究結果によると、人々は30歳、40歳、50歳など、年齢の大台に乗る前の1年間に浮気または不倫をする確率が高いというのです。これは、もし結婚しているか、それに近い真剣な関係にある場合、およそ10年周期で不倫のリスクに直面することを示唆しています。

ニューヨーク大学スターン経営大学院とカリフォルニア大学ロサンゼルス校アンダーソン経営大学院の研究チームは、不倫専門の出会い系サイト、アシュレイマディソンと協力し、サイトに登録した800万人を超える男性のデータを分析した。それによると、サイト登録者のうち29歳、39歳、49歳、59歳など年齢の末尾が「9」だった男性は95万人と、それ以外の年齢の男性より平均18%多かったそうで、女性のデータにも注目したところ、男性ほど顕著ではないものの、同様の傾向がみられたそうです。

浮気ないし不倫は、人間関係の研究において最も複雑で、最もはっきりしない分野の一つです。多くの人々は自分が不誠実であったことを認めたがりません。人によって「不倫、浮気」の定義は異なるからです。それは専門家ですら同じです。「配偶者ないし責任ある関係のパートナー以外の人との性交」と狭く定義する人もいれば、一連の性的行動をひっくるめて広く定義する人もいます。ましてや、いちゃついたり、秘密を共有したりするなど、「心の浮気」を含める人さえいるのです。

はっきりすれば、もしあなたがパートナーとの関係における性的・感情的な義務にかかわるルールを破ったのであれば、それが何であれ、浮気になります。そのルールはカップルごとに違うのです。それを破ったときは自分で分かるでしょう。浮気の定義の範囲が広くなればなるほど、その頻度は上がります。恐らく人々が最も興味を持っているのは、既婚者が配偶者以外の人とどれくらいの頻度でセックスをしているかでしょう。大半の研究では、既婚者の4〜5人に1人が性的な浮気(つまり不倫)への関与を認めている、とジャスティン・レミラー博士は指摘しています。

ただし、ほとんどの人は1度や2度は配偶者を裏切ることを考えたことがある、と専門家たちは指摘します。読者の皆さんは、これまでに自分が浮気ないし不倫のリスクに直面しているか否かについて考えたことはあるでしょうか。専門家たちは以下のリスク要因に着目するよう助言しています。実際に浮気している人は通常、二つ以上の項目に当てはまるといいます。

1、性別

もしあなたが男性なら、浮気の確率は高い。「(男性ホルモンの)テストステロンはリスク要因の一つだ」と、浮気について研究するカリフォルニア州立大学サンバーナーディーノ校のケリー・キャンベル准教授(心理学・人間発達)は言います。同准教授によれば、性別による差はかつてほど大きくなく、浮気の定義が広くなればなるほど、差は小さくなるといいます。前世代と比べると、今日の女性は選択肢が広く、力も強く、可処分所得も多い(情事にはカネがかかる場合がある)し、インターネットによって、新たな出会いを得るのも以前より簡単になっているからです。

研究によると、浮気の理由は、男性と女性で異なる傾向にありますが、チャップマン大学とカリフォルニア州立大学ロサンゼルス校の研究チームは07年、異性愛者、同性愛者、それに両性愛者の約6万人に浮気ないし不倫に関する100以上の質問を尋ね、結果を分析した。概して、浮気をした男性はその理由について性的に不満があったためと答えています。これに対し、女性は概して感情的に不満だったために不倫をしたと答えました。同助教によれば、「女性は誰かと恋に落ちたり、自分がまだ誰かに求められていることを再確認したがっていたりする場合が多い」といいます。また、男性はパートナーの性的な浮気に大きく動揺し、女性はパートナーの心の浮気に大きく動揺することが分かりました。

2、年齢

浮気のリスクが高まるのは年齢の末尾が「9」の人だけではありません。キャンベル准教授によれば、中年の人々は浮気に割ける時間もエネルギーも少ないため、リスクは比較的小さい。同准教授は「35歳から50歳までの間、人々は仕事と子育てに専念する傾向にある。浮気のリスクは、それ以前とそれ以降に高くなる」と述べています。

3、機会

一部の研究者はこれを「環境的」リスクと呼ぶ。あなたはパートナーの代わりになるような、質の高い魅力的な人々に囲まれて生活しているだろうか。都市部に住み、職場で過ごす時間が長く、配偶者なしで頻繁に旅行(出張)する人は浮気のリスクが高まります。他人と1対1で密接に関わりながら仕事する人も同様です。昇進やキャリアのステップアップはリスクを高める場合がある。キャンベル准教授は「チャンスが増えることになる。誰かをランチに連れて行ったり、ホテル代を払ったりする機会が増えるからだ」と話しています。

4、過去

いったん浮気をすると、その人は生涯浮気するのでしょうか。そうとは限らない、と専門家たちは述べています。そもそもなぜ浮気をしたのかによって大きく違ってくるのです。キャンベル准教授によれば、浮気の理由がその個人に絡んでおり、関係性に絡んでいるのではない場合、再度浮気する可能性は高い。もし、浮気の理由が関係性にあるのであれば、浮気を繰り返すリスクはそれほど高くないと言います。

片親ないし両親が不倫をしていた場合はどうだろうか。親の情事がもたらす苦痛を目の当たりにしていれば、あなた自身は慎重になってそういった行動を回避するかもしれません。しかし、浮気に走りやすい特性を親から受け継いでいる場合もあります。例えば、リスクを取りたがる傾向などです。また、親が不倫をしていると、子はそれが普通のことだと考えるかもしれないのです。情事に良い面さえ見いだす可能性もあります。うまくいかない結婚生活から母が逃げ出す助けになったのかもしれないなどです。

5、関係性への不満

研究によれば、これが主要なリスク要因です。だが、自分の関係性に不満がある人でも浮気をしない場合が少なくなくありません。浮気をする人の多くは他にリスク要因がある、と専門家は注意喚起しています。不倫と関係性への不満は相乗的に働くのです。つまり、関係性に不満があるから不倫をしたとしても、不倫によって自分がより不幸になる場合もあります。自分の結婚に満足している人々は、不倫ないし浮気をする確率が低い、と専門家は言います。

性的な満足は、関係性の満足に含まれる重要な要素です。前出のチャップマン大学のフレデリック博士は、6万人を調査した際、「パートナーとの関係に満足している」という文にどれほど同意できるかを尋ねました。すると全く同意できないと答えた人々のうち、不倫をしていたのは約40%だった。これに対し、強く同意した人々で、不倫をしていたのはわずか10%だったのです。「パートナーとの性生活に満足している」という文についても同様の結果です。

6、性格

研究では、「ビッグファイブ」と呼ばれる5つの性格特性のうちの2つが浮気と一貫した関連性があることも明らかになりました。パデュー大のレミラー博士によると、「協調性(優しさや他人の感情への配慮)」と「誠実性(頼りがいや自己統制力)」が低い人は浮気をする確率が高いと言います。このほか、不倫や浮気のリスクの高さと関連性のある特性にはナルシシズム(自身を過剰に評価する性向)や刺激欲求(スリルやリスクの高い活動を求める性向)があると言います。さらに、「回避性」と呼ばれる人格の、結婚恐怖症の人たちもそうです。ケンタッキー大学のネーサン・デュウォール教授(心理学)によると、こうした人たちは浮気をする確率がはるかに高いと言うのです。「彼らに浮気をどう思うか尋ねると、悪くないねと答える」そうです。

以上、浮気のリスク要因を列挙してみました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あなたは浮気しやすい? 不倫のリスク要因とは! マックンのピックアップ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる