マックンのピックアップ

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国GDP、2024年に米国抜き、世界最大の経済大国に!

<<   作成日時 : 2014/10/19 17:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

米調査会社IHSはこのほど、中国の国内総生産(GDP)が2024年に、米ドル建ての名目値ベースで米国を追い越すとの予測をまとめました。世界の合計GDPに占める中国の割合は14年予想の13%から24年には20%に高まり「世界最大の経済大国になる」と、IHSのチーフ・エコノミスト(アジア太平洋担当)のラジーブ・ビズワズ氏が明らかにしました。

中国が医療など社会保障制度を徐々に整え「家計の貯蓄率が下がり、GDPに占める個人消費の割合が今の35%から40%超に高まる」と内需がけん引役になると説明しています。貿易黒字が縮小し、人民元の対ドル相場は「緩やかに価値を高めていく」と見ています。

ドル建てと異なり、各国の物価水準を基に算出する購買力平価ベースのGDPでは、14年に中国が米国を上回ると、国際通貨基金(IMF)も予想しています。IHSの予想通りなら、為替レートを用いて単純にドル換算したGDPでも10年後には中国が米国を抜くといいます。

IHSの予測では、中国の名目GDP成長率(物価上昇率を含む)は今後10年平均で約11%、米国は4%台半ばになる計算です。世界GDPに占める米国の割合は14年の22%から24年に19%へ縮小すると予測されています。アジア太平洋全域では世界の31%から39%に拡大するそうです。

こうした事を考えると、今後、日本と中国の経済関係は好むと好まざるにかかわらず、ますますその重要度は増す一方で、日本も地理的に近いと言う優位性を生かし、如何に気難しい隣国と友好関係を深めていくかという事が、日本の経済成長にとっても避けて通れない道でもあるでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国GDP、2024年に米国抜き、世界最大の経済大国に! マックンのピックアップ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる