マックンのピックアップ

アクセスカウンタ

zoom RSS 米国株、個人に人気!

<<   作成日時 : 2014/08/30 18:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

米国株が個人投資家の人気を集めています。アベノミクス相場が一服した日本株は日経平均株価が昨年末比5%安の水準なのに対し、米国のダウ工業株30種平均は史上最高値圏で推移しています。米国が近々利上げに動き、金利差拡大から円安・ドル高が加速するとの見方も根強く、成長力があり、かつ為替差益も狙える米国株に注目が集まっています。

野村証券では金額は非公表ですが、今年7月までの米国株の販売額が前年同期に比べ6割増えたといいます。大和証券の場合、今年上半期の個人の株式売買代金のうち、米国株が約3000億円と5%強占めました。SMBC日興証券でも個人の米国株関連の収益が倍増のペースで増えています。先行して米国株を強化してきた三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、すでに個人向けの収益の4割弱を米国株が占めています。

背景には米国経済の復調があり、「中長期的に経済成長が続き株価が大きく下落する不安は小さい」と言う観測があります。分散投資の観点からも外貨建て資産の保有は有効で、同社の日本株の顧客の間では一部資産を米国株に振り向ける動きが見られるそうです。

値上がり益と為替差益のほか、配当収入も米国株の利点の一つです。プロクター・アンド・ギャンブルなど半世紀にわたり増配を続ける銘柄もあります。

マネックス証券の松本社長は「一般的に日本企業と比べ配当や自社株買いなど株主還元に積極的」と米国株人気の背景を説明しています。同社でも7月までの米国株関連の収益が前年の1,5倍に拡大したそうです。

財務省発表の7月の対外証券投資によると国内投資家は外国株を4,666億円買い越していると言います。

人気の高い米国株ランキング
1位、フェイスブック
2位、バークシャー・ハザウェー
3位、アップル
4位、アマゾン
5位、IBM
6位、テスラ・モータース
7位、インテル
8位、コカ・コーラ
9位、グル・モバイル
10位、ツイッター

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米国株、個人に人気! マックンのピックアップ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる