マックンのピックアップ

アクセスカウンタ

zoom RSS 英国の国際文化交流機関ブリティッシュ・カウンシルによる大切な10の外国語ランキング!

<<   作成日時 : 2013/12/06 17:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私たちにとって大切な10の外国語の中に日本語が選ばれました。そして10の言語には順位があって、1位スペイン語、2位アラビア語、3位仏語、4位中国語、5位独語、6位ポルトガル語、7位伊語、8位露語、9位トルコ語と続いて日本語は辛うじて10位であるした。経済に加え文化や教育、外交でのつながり、さらにはインターネットで使われる度合いなども勘案しての順位といます。こうしてみると、10の外国語の中に入ったと言っても、誇らしさも中ぐらいになってきた感じです。

その中で、日本語の大切さを説いた部分をみると、大半がかねて強かったビジネスの結びつきに費やされているのです。日本の欧州における投資先では断トツで一番であり、だから英語化した日本語が挙がっています。KIMONO、SAMURAI、GEISHA、KAMIKAZEと。いったい何十年前の言葉が並んでいるのでしょう。ネットでの日本語の存在感もビジネスに関係しているだけなのでしょうか。

この国は今、「クール・ジャパン」の旗を振って新しい魅力を世界に伝えようと躍起になっていますが、その風が英国に届いているのでしょうか。というのも、この報告は英国の国際文化交流機関ブリティッシュ・カウンシルが発表したものなのです。報告の中で英国は「世界の英語熱にかまけて語学にかける時間も努力も十分でなかった」と反省していますが、その反省がぜひ「10番目の外国語」を学ぶ意欲につながってほしいですね。

と同時に、日本ももっと世界に日本の文化を知ってもらうための努力をしなくてはいけないし、日本語そのものをもっと知ってもらえるような環境を作っていってほしいですね。町語句などは講師が院なるものを世界中に張り巡らして自国の言葉を売り込んでいますが、日本もそのくらい日本語学校などを設立して日本語と文化の普及に努めてほしいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
英国の国際文化交流機関ブリティッシュ・カウンシルによる大切な10の外国語ランキング! マックンのピックアップ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる