マックンのピックアップ

アクセスカウンタ

zoom RSS 英会話はセブ島から学ぶ!1ヵ月の留学費用は欧米よりも断然格安!

<<   作成日時 : 2013/10/29 18:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

フィリピン中部のリゾ−ト地・セブ島と言えば、有名な観光地のイメージですが、英語のセブ島留学としても有名です。リゾートのセブ島が何で英語留学と関係があるかと言えば、フィピンでは英語が公用語であるため、多くのフィリピン人が英語を話せ、人件費も安いため、欧米で語学留学するよりもフィリピンのセブ島で語学留学した方が低料金で済むのです。フィリンピンと言うと治安が悪いからと心配される人もいると思いますが、セブ島に関して言えば、治安が良いため、今では大学教育の場として注目され始めているのです。

低価格で人気のオンライン英会話を活用し、日本にいながら教室や自宅などで受講できるのです。大学側は学生に不足する英語力やコミュニケーション能力の引き上げを目指しています。そしてグローバル人材を育てて就職に結び付けたいとの期待もあり、単位認定する大学も出てきました。ある大学での英語の勉強風景は、キャンパス内の専用ブースでヘッドフォンを付けパソコンの画面を通じて向き合うのは約3000キロ離れたセブ島にいるフィリピン講師です。そして講師は間違いを正しながら英語で講義を進めてくれるのです。

同大は今年からセブ島の日系英会話学校「QQイングリッシュ」と提携したそうです。通話無料のスカイプを使ったマンツーマンの英会話とeラーニング(インターネットを利用した遠隔教育)を組み合わせ、2単位として認めているそうです。オンライン英会話の単位認定は日本では初めてと言います。QQイングリッシュはテンポの速い会話を繰り返す学習法「カランメソッド」を導入しています。学生らの実験をしたところ、英語能力テストの点数が上がったと言います。この取り組みは、文部省のグローバル人材育成推進事業にも取り入れられていると言います。

オンライ英会話は近年急速に高まっていて、大卒の人材も豊富で、QQイングリッシュでは講師の教育にも力を入れ、質の向上を図っています。各大学が英語教育に力を入れている背景にはグローバル化の中で必要な英語力が十分に身に付けられないと言う実情があります。フィリピンでは幼稚園から高校の10年以上で英語を学びますが、カラキュラムの違いなどから日本の語学力の差は歴然としています。それにテレビやラジオ、音楽など日常生活に英語が溶け込んでおり、聞いたり話したりする機会が多いことも一因です。

セブ島は日本、中国などアジアの学生が長期休暇を使って個人で留学する先としても人気です。10年前に、韓国人がリゾートもあるセブ島に目をつけたことから一気に広まったと言い、韓国系の英会話学校が多く、企業の間でも高い英語力を求める韓国勢を中心に利用が広がっています。一番の魅力は価格です。数週間の短期留学は宿泊費や食費込みで10〜20万円。欧米に比べて人件費が安く、学費を低く抑えられます。泊まり込みで「英語漬け」となるため学習効果も高いそうです。

日本では個人利用の学生や若手社員だけでなく、企業も注目し始めています。HISでは昨年から社員の留学に活用しているそうで、費用は欧米に比べて五分の一程度で済むと言います。また大手弁護士事務所なども新人弁護士の研修にセブ島を利用しているそうで、その背景には英語力がグローバル化に追いついていないと言う危機感があります。

ちなみに1ヶ月の留学費用の各国比較を見ると、フィリピンは12〜20万円、ニュージーランドで31〜46万円、カナダで34万〜49万円、オーストラリアでは38〜51万円、米国は40〜55万円、英国は42〜55万円と先進国はどこも留学費用が高額になっています。こうしてみるといかにフィリピンの留学費用が安いかわかるし、フィリピン英語留学に人気が出ている理由も分かります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
英会話はセブ島から学ぶ!1ヵ月の留学費用は欧米よりも断然格安! マックンのピックアップ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる