マックンのピックアップ

アクセスカウンタ

zoom RSS 南鳥島沖に年間消費の200倍超のレアアース発見!

<<   作成日時 : 2012/06/29 17:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本最東端・南鳥島(東京都小笠原村)周辺の排他的経済水域(EEZ)の海底に、ハイテク製品に不可欠なレアアース(希土類)が大量に存在する可能性の高い泥を、東京大の加藤泰浩教授らの研究チームが29日までに突き止めたそうです。昨年、公海でレアアースを含む海底鉱床発見していましたが、日本のEEZ内で、レアアースの大鉱床が見つかるのは今回が初めてです。推定埋蔵量は少なくとも日本の年間消費量の220年分以上と言われ、世界の生産量の大半を占める中国にレアアースを依存する現状が大きく変わる可能性がでてきました。 

研究チームは南鳥島沖の3カ所で、水深約5600メートルの海底のボーリング調査を行い、採取した泥を分析。鉄と混ぜて磁性体に使われるイットリウムなどが最大で約1700ppm、平均で約1070ppmと非常に高濃度で含まれていたそうです。島の北側約180キロ地点などでも高濃度のレアアースが見つかっており、研究チームは少なくとも1000平方キロにわたり同様の泥が堆積していると推定。ボーリング調査から推定される泥の層の厚みや濃度などから、日本の年間消費量220年分以上の埋蔵量が期待できると言います。 

これを受け企業と組んで海底から泥を吸い上げる実証実験の検討に入ったそうで、電化製品や電気自動車のモーターに欠かせないレアアースを将来、自給できるかもしれないと期待されています。南鳥島沖約300キロ、水深5600メートルの泥の層にレアアースが高濃度に含まれていて、その中でもモータの磁石の高機能化に必要なジスプロシウムなどの重希土類が多く存在することがわかったそうです。

海底鉱床は1000平方キロメートル以上の広範囲に広がっていて、約680万トンのレアアースが存在すると可能性があると見られています。ただ場所が深海だけにどれだけ効率よく採掘できるかなど技術的な課題は多いようです。そのため手放しで喜ぶにはまだ早いのですが、石油の採掘時でも海底から泥を吸い上げる技術を利用しているので、同じ技術が活用できればそう難しくはないとお思われますが、それが可能かどうかの検討をするとの事です。

現在は国内で消費するレアアースの大半を中国に依存しているため、日本の研究者らにより、すでに天然のレアアースではなく、新たな技術で同じものができるメドがついたという記事も出ていました。そういう技術と天然のレアアースがあれば、後はコスト的にどのくらいでできるかという問題になってきます。いずれにしてもそう遠くない時期に、レアアースで、中国に振り回されることがなくなるのではと期待されます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
南鳥島沖に年間消費の200倍超のレアアース発見! マックンのピックアップ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる