マックンのピックアップ

アクセスカウンタ

zoom RSS 投資家が尊敬する企業,世界ランキング!

<<   作成日時 : 2012/06/26 21:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

米投資情報誌バロンズは25日、2012年版の「投資家が尊敬する世界の企業」の調査結果を発表しました。これは世界の株式時価総額の上位100社について、116の運用会社からのアンケートを集計したものです。トップはアップルで2年連続だそうです。2位はIBM、3位はマクドナルドと続きグローバルに活躍する米優良企業が独占しています。

日本企業ではホンダが前年から2つ順位を下げたものの、25位でトップとなっています。26位は業績改善期待の強いトヨタ自動車で前年の47位から急浮上し26位となりました。他では三菱UFJフィナンシャル・グループが80位、NTTドコモが82と苦戦しています。日本企業ではこの4社のみだったそうです。

アジアでは韓国のサムスン電子が36位で、台湾の半導体受託生産会社(ファウンドリー)最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が63位に入っています。

中国勢では、通信最大手の中国移動が88位、中国建設銀行が97位など総じて下位に低迷しています。一部の中国企業が不正会計疑惑で上場停止になり、米有力投資家が損失を計上する例も出るなど、投資家の信認が低下していることも背景にあるそうだと言っています。

今年で8回目になるこのランキングは、Barron'sがDow Jones Indexesに基づいて選んだ
100社について、116人の投資家にアンケートを行った結果を集計したもので、回答者は各社を、「最も尊敬できる」「尊敬できる」「やや尊敬できる」「尊敬できない」 の4段階で評価しているそうです。アップルは回答者の71%が「最も尊敬できる」と評価し、「尊敬できない」としたのは3% だったそうです。

しかし世界第3位の経済大国でありながら日本企業がたった4社とはちょっと寂しいですね。中国はGDP世界第2位ですが、何社が下位に入っているか分かりませんが、これは何となく納得できますよね。と言うのも国有企業が多いですから一概に同じ土俵では評価できませんから。それにしても日本企業はもう少し頑張ってほしいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
投資家が尊敬する企業,世界ランキング! マックンのピックアップ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる