マックンのピックアップ

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京の水辺が活性化している!

<<   作成日時 : 2012/05/10 22:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回、東京スカイツリーができたことで、カヤックでスカイツリーを見に行くことが流行っていると言う事を書きましたが、実は東京には多くの川が流れていているのです。しかしそれらの多くは地下に隠れたり高速道路の下になっていたりしているため目立たないのです。それに以前は東京の川はどぶ川と化していたので、ヘドロがたまって臭かったり、水質が非常に悪かったたりしていたので、誰も東京の川や運河に目を向ける人はいませんでした。それに川に面した店舗があっても川側は壁になっていて目隠し状態だったのです。
地図を見ていただくと、いかに東京には河川が多いかがわかります。

ところが近年川の水が浄化されてきていることで、また川が見直されつつあったのです。隅田川などは1985年には汚染を表わす数値が約5,3mg/ℓだったものが、2001年には3mg/ℓに減っているのです。そこへ東京スカイツリーという新たな観光名勝ができたこともあり、川巡りを楽しむ人が増えてきたのです。それともうひとつ7年前に河川法の改正があったことで、船着場の数が増えてきているのです。平成10年には船着場が27だったものが、平成20年には54に増え、現在は61にも増えてきているのです。そんなこともあって東京の水辺観光が活性化してきているのです。スカイツリーができる前にも浅草から船に乗って隅田川を下る観光ルートがありましたし、同じく屋形船などが出たりしていましたが、それにプラス、カヤック(去年からスカイツリー観光が出来るようになったようです)で楽しむ人も出て来ています。東京水路カヤックツアー一人1万円だそうです。5月はすでに満員で空き状況はHPで確認できます。会社名はクーランマラン人力旅行社です。

さらに河川法の改正では、運河上でのカフェやレストランの営業も可能になったのです。だから船着場が増えたことで、個人でボートを持っている人が川や運河をボートで走り、レストランなどの飲食店に直接乗り込めるようなところも出来ているのです。ちなみにそのひとつにT・Yハーバー ブルワリーというのが品川にあって、テレビで見た感じは大変こぎれいで雰囲気もよかったです。このように、今までではそんなことは考えられなかったような楽しみ方をしている人が出てきていて、東京の水辺が活性化してきているのです。これもやはりスカイツリー効果でしょうね。そんなわけでスカイツリーを見ながら川を挟んで飲食できるきれな店も増えてきているのです。水辺のレストランには去年オープンしたシエロイリオ(台東区)があるそうです。これはほんの一つで他にもまだたくさんあると思います。

同じく去年から小型水上バス「カワセミ」が運行されています。浅草を出て日本橋に行く水上バスです。首都高速の下をくぐって日本橋に行くのですが、普段では見られない位置から上を見るので変わった感じが新鮮でまた楽しいそうです。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京の水辺が活性化している! マックンのピックアップ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる