マックンのピックアップ

アクセスカウンタ

zoom RSS 何気ない小さな日常に幸せが!

<<   作成日時 : 2012/02/20 20:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

フェイスブックと言うと、最近の「アラブの春」のなどの陰の立役者と言われ、その仲間内の連絡網として威力を発揮し、それが結果的にアラブの民主化に貢献したと注目されていますが、いまのところ最初に起きたリビアなどでは今だ、民主政権が誕生したとは聞いていません。確かに旧体制派であるカダフィー大佐一族とそのシンパたちを追放し、新たな民主的な国家になるのだという希望がありましたが、今ではそうした期待は失望に変わりつつあり民主政権が誕生する気配は今のところないようです。かえって、新たな権力闘争が起きただけで、為政者が変わるだけで社会の仕組みそのものが自由で平等な社会になるのかと言うとそうではなく、反対に混乱に陥り、一般大衆はもう混乱はうんざりとばかりに、早く事態が収集してほしいと願っているし、ありきたりの日常が毎日続くことを望んでいるのです。それが平和というものだと思います。

今回の東日本大震災でも分かったとように、何気ない日常が毎日続くことがいかに幸せなことかということを、今回の災害を見てよく分かったと思うし、多くの人は幸せとはそういうものだと改めて気付かされたと思います。幸せとは物質的に豊かなことでもなければ金持ちであることでもないのです。反対に言えば、金持ちには日常の小さな幸せというものが感じられなくなってしまい、有り難味が薄れてしまっているので、四季の移ろいの中で感じ取る小さな幸せというものには鈍感になっていて感じないでしょう。もちろん普通の人も仕事が忙しくてそんな余裕は無いかもしれませんが、それだけに毎日続く日常の何でもないことがいかに幸せかということだと思います。もし、急に家族の誰かが交通事故にあって死んでしまったとか、夫が重たい病気になって突然、不自由な体になってしまうとかなってしまったとかということを考えると、何事もない生活がいかに幸せか分かろうと言うものです。

毎日の忙しさに流されてしまっていると、こうしたことに気がつき難くなってしまいます。そうは言っても、働かなければその日をその日を食べていくこともできないと言うこともよく分かります。しかし現代という時代は金に対して貪欲なまでにどっぷり使い過ぎており、会社も利益・効率優先の時代で、人間性というものがすっかり置き去りになっているような時代になってしまいました。その典型が米国のウォール街です。そのツケがいまリーマンショックとして噴出し、それがギリシャ問題に発展し、今だ、遺症に悩まされているのです。あのアップルでさえも、1980年代には円安のため対日輸出に苦しんで、米政府が外圧をかけることを望んだのですが、要は、政府は米国企業を助ける義務があるとでも言いたげだったと政府高官は言います。そして業績不振に苦しんだ90年代には本社があるカルフォルニア州と市から税金を安くしてもらっていたのです。そのくせ、国外で海賊版が出るとアップルは取締りの強化を望んで政府に駆けこむのです。これは他の企業も同じなのですが、調子が良いときは会社のCEOや重役達は「私達は株主に対して責任を負うが国ではない」と宣(のたま)ふのです。それなら知的所有権などを侵害されたときも政府に助けを求めるなと言うわけです。助けてもらう時は政府に頼んでも、儲けた時には政府に義務は負っていないと言うように、虫が良すぎると言う事です

かように米国企業を筆頭に金の亡者になり過ぎ、自分のことしか考えていないような企業ばかりになってしまっているのではないでしょうか?リーマンショク時の主犯格であるゴールドマンサックスなどは、そのとき早々に商業銀行から政府の保護を受けられる普通銀行に業態を変えて倒産から免れようとしているのです。そしてリーマンブラザーズを生贄にして自分達は生き残ったと言われているのです。そのくせ収益が上がりだすと早々に月給を上げたのもゴールドマンなどの金融機関なのです。そんな飽くなき強欲が今の不安定な社会を生み出しているのであって、資本主義の限界なのかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何気ない小さな日常に幸せが! マックンのピックアップ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる