マックンのピックアップ

アクセスカウンタ

zoom RSS 金塊40kgを埋めたと言う、韓国のお宝騒動!

<<   作成日時 : 2012/01/12 14:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

6日付の韓国紙・中央日報などによると、北朝鮮を四年前に脱出した韓国在住の四十代男性が最近、「北朝鮮で韓国出身の養父から、『金塊を韓国大邱市の寺に埋めた』と聞いた。ぜひ掘り起こしたい」と主張し、話題となっているそうです。

地元メディアによると、男性の養父は八十代で、朝鮮戦争当時、養父の両親は、1950年に始まった朝鮮戦争でソウルから大邱に避難。裕福だった両親はこの際、家などを処分して購入した金塊40キロ(時価約1億6000万円)を桐華寺の裏庭に埋めたというものです。 現在の市価で二十四億ウォン(約一億六千万円)相当であり、かなりの大金であることは間違いなく、その取り扱いが注目されています。

養父一家はその後、北朝鮮に渡り、両親は男性の養父に金塊を埋めた場所を説明、男性が脱北する前に「韓国に行ったら必ず探せ」と言われていたもので、北朝鮮で健在の養父は、男性に金塊の発掘を委任したという。 男性は2008年12月に韓国に亡命。生活基盤が整った昨年初めから桐華寺に通い、発掘を認めるよう要請を続けていたそうです。 そして昨年末に、専門家が金属探知機で裏庭を調べたところ、深さ1.2メートルのところに「一般の鉄とは違う金属反応が出た」そうです。

男性は金塊の発掘を目指していますが、寺は国の文化財のため、文化財庁の許可が必要。一方、寺側は夜間の盗掘や侵入に不安を募らせる。仮に金塊が出たとしても所有者をどう確定させるのか、寺側は当惑気味と話しているそうです。男性側は発掘が認められない場合、訴訟も辞さない構えだ。またこうも言っているそうで「埋められた深さまで知っている。見つかれば、苦労して暮らす脱北者の支援に使いたい」とも話しているのです。

日本にもお宝(埋蔵金)伝説がたくさんありますが、こう言う話でお宝が出たと言う話はあまり聞いた事がありません。しかしこの話はそんな古い話ではないのでひょっとしたらお宝が言うようにあるかもしれませんね。年の初めと言うことでちょっと楽しげな話でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
金塊40kgを埋めたと言う、韓国のお宝騒動! マックンのピックアップ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる